自主防災組織

 自主防災組織とは?

 自主防災組織とは、地域住民が協力・連携し「自分たちの地域は自分たちで守る」ことを目的に結成・活動を
行う組織です。
 自主防災組織は、日頃から災害に備えた様々な取り組みを実践するとともに、災害発生時には、被害を最小
限にくい止めるための活動を行います。

 災害に対する概念

 災害規模が大きくなればなるほど、行政の力は分散され弱くなってしまうことから、今日では災害に対する「自助・
共助・公助」の考え方が定着し、自主防災組織は、その中の「共助」を担っています。

自助 … 自分で自分を助けること。
共助 … 家族、企業や地域コミュニティで共に助け合うこと。
公助 … 行政による救助、支援のこと

 金沢市との連携

 金沢市消防局では、金沢市危機管理課とともに、自主防災組織が行う「災害に備える取り組み」についての
支援をしています。

○自主防災組織の運営について(危機管理課)
   自主防災組織の運営などについてのご相談を受け付けています。

○防災資機材の整備(危機管理課)
   情報連絡、初期消火、救助・救護など、災害に備えた資機材を各自主防災組織で整備する場合は、
  補助の対象となります。

 各種防災資機材

○防災出前講座の開催(危機管理課)
   依頼により公民館などで、防災についての講座を行います。

○各種防災訓練(危機管理課・消防署)
  【図上訓練】
    訓練参加者が地域の地図を囲み、地域が持つ地理的弱点などの防災課題を共有する訓練。

  図上訓練

  【部分訓練】
    消火活動や救命活動、その他の各種訓練。

   

濡れシーツによる消火訓練        救出訓練

  【個別訓練】
    ・情報連絡訓練
      地域内の被災状況や避難の状況などの情報を収集し防災機関に連絡、更に防災機関からの
     指示などを地域住民に迅速かつ正確に伝達する訓練。

    情報連絡訓練

    ・消火訓練
      消火器、防火バケツ、可搬式動力ポンプなどによる消火技術及び火災危険から身を守る方法
     などの訓練。

バケツリレーによる消火訓練

    ・避難訓練
      地域単位で近隣住民同士が安否確認を行い、避難誘導班を中心に迅速かつ安全に集団
     避難する訓練。

避難訓練

    ・救出救護訓練
      バール、はしご、ロープなどによる救出方法及び負傷者の救護、応急手当や救護所への搬送方法
     などの訓練。

 

油圧ジャッキによる救出訓練    救護訓練  

    ・給食給水訓練
      限られた資機材を活用して、食糧の炊き出しや水を確保する訓練。

  給食給水訓練

  【総合訓練】
    図上訓練、部分訓練、個別訓練によって習得した知識・技術を総合し、自主防災組織の各班相互の
   連携をとり、それぞれが適切、効果的に防災活動を行う訓練。

 ○市民防災訓練の実施(危機管理課・消防署)
    大規模な災害発生を想定とした、市民協働の理念に基づいた自主防災組織主導型の総合訓練です。

  その他「防災」に関するご相談は、各消防署又は危機管理課へお問い合わせください。

金沢市中央消防署
  電話:076-280-5016 / FAX:076-280-5043
  E-mail : m-chuou@syoubou.city.kanazawa.lg.jp
金沢市駅西消防署
  電話:076-280-6007 / FAX:076-280-6095
  E-mail : m-ekinishi@syoubou.city.kanazawa.lg.jp
金沢市金石消防署
  電話:076-280-7012 / FAX:076-280-7039
  E-mail : m-kanaiwa@syoubou.city.kanazawa.lg.jp

金沢市危機管理監 危機管理課
  電話:076-220-2366 / FAX:076-233-9999
  E-mail : kiki@city.kanazawa.lg.jp

  

トップページへ戻る