本文へスキップ
  • TOP
  • 組織・施設
  • 消防・救急活動
  • 災害統計
  • 講習会
  • 申請・届出書
  • 火災予防
  • 建物の防火安全情報
  • 採用案内
応急手当について 〜止血法〜 
 一般的に体内血液が30%以上失われると、生命に危険を及ぼすと言われています。そのため出血量が多い場合はいち早い止血が必要です。

○直接圧迫止血法
 出血部位には直接触らずハンカチやタオル、ガーゼなどを当て、その上から圧迫します。
  出血部位の上から指先や手のひらで強く圧迫します。

※圧迫しても出血が止まらない場合は、圧迫している位置が出血している位置からずれていたり、力が弱いことなどが考えられます。確認してみましょう。
  大量に出血している場合や、圧迫を続けても出血が止まらない場合には119番通報をしましょう。

よくある質問
 ハンカチやタオル、ガーゼが近くにない場合はどうするの? レジ袋やビニール袋などを当て、自分の手につかないようにしましょう。
 大量出血が続くとどうなるの? 臓器や細胞のエネルギー産生が阻害され、正常な機能を維持できなくなります。顔面蒼白、皮膚冷汗・湿潤、虚脱(うつろな状態)、頻呼吸などショックとよばれる生命が危険な状態の症状が現れます。 

       いざというときのために、救命講習を受講しましょう。



このページの先頭へ