本文へスキップ
  • TOP
  • 組織・施設
  • 消防・救急活動
  • 災害統計
  • 講習会
  • 申請・届出書
  • 火災予防
  • 建物の防火安全情報
  • 採用案内

消火器の訪問点検に
     ご注意!
 

各地で不正な点検や高額請求の被害が多発しています。

金沢市内でも、被害が報告されており、その多くは消火器の点検終了後、著しく高額な手数料を請求されて初めて悪質業者の被害にあったことに気づくというものです。



点検業者の手口は・・・

特に消火器をたくさん設置している防火対象物を狙ってきます。
  ・支店、出張所等の出先が多い事業所等
  ・スーパー、大規模な工場等
  ・私立の学校、幼稚園等

出入りの点検業者を巧妙に装います。
  ・訪問前に電話をかけて信用させます
  ・本社から依頼のあったように装います
・点検の承諾をあいまいにすると、素早く消火器を集めだします。
・内容を十分説明せず、書面に署名、押印をもとめてきます。


トラブル防止のポイント

・点検を承諾する前に契約を結んでいる点検業者か、身分証明書等により確認する。
・契約書の署名又は押印を求められた場合は、責任者が内容を十分に確認する。


訪問販売法では
消費者保護を目的とした訪問販売法では、クーリングオフ(解約権)を認めていますが、第10条第1項で企業の「営業のため」の売買契約はクーリングオフの適用から除かれています。



このページの先頭へ