本文へスキップ

事故事例と対策
事例1  台所でガステーブルを使用中に使い終わったスプレー缶を捨てるために穴を開けたところ、缶内に残っていたガスが噴出し、ガステーブルの火が引火し火災となった。
対策  スプレー缶は中身を完全に使い切った後、必ず火気のない風通しのよい屋外で穴をあけ廃棄する。
事例2  ガソリンスタンドで灯油を買う際に、「ガスをくれ」と店員にポリ容器を渡した。このとき店員はガソリンを注油し客に渡した。持ち帰った客は石油ストーブにガソリンを補給したため、石油ストーブが異常燃焼し火災となった。
対策 @燃料を購入する時は、「灯油をください」と店員に正しく言う。
A灯油は無色ですが、ガソリンはオレンジ色に着色されています。不信に思ったときは、使用せずに色を確認する。
事例3  バーベキューコンロの炭火にゲル状の着火剤を「注ぎ足し」したところ、着火剤の一部が火の着いた状態で飛散、コンロの前方にいた子どもがやけどした。
対策  ゲル状の着火剤を使用する時は使用方法をよく確認し、燃えているものへの「注ぎ足し」は絶対しない。
 ※アルコール系のゲル状着火剤は炎の色が青白く、昼間の屋外など明るい場所では炎が見えにくいため、火が消えていると勘違いし、事故につながるケースも報告されています。
事例4  居室内で、オイルライターの燃料を補給したところ、オイルがあふれ出て手足にこぼれた。その直後オイルライターを試験的に着火したところ、火花が漏れたオイルに引火し、火災となった。
対策  オイルライターの燃料は危険物であることを十分認識し、補給する時は周囲で使用している火気に十分注意する。
事例5  石油ストーブの火を消さずに燃料タンクに灯油を補給したところ、誤って灯油がこぼれ石油ストーブの火に引火し火災となった。
対策  石油ストーブに燃料を補給する時は必ず火を消し周囲の火気使用についても十分注意する。
事例6  マニキュア除光液で爪の手入れをしていた途中で、たばこを吸おうとライターで火をつけたところ、除光液の可燃性蒸気が引火しやけどした。
対策  室内で除光液を使用する場合は換気を十分に行うとともに、周囲の火気に十分注意する。






休日当番医はこちら


金沢市消防局

〒921-8042
石川県金沢市泉本町7-9-2

TEL 076-280-0119
FAX 076-280-4999
mail:
info@syoubou.city.kanazawa.lg.jp

 皆様からのご意見、ご感想はこちらまでお願いします。
 個別には回答しかねますが、今後の参考とさせていただきます。