本文へスキップ
応急手当について 〜気道異物の除去〜
 食べ物などの異物が、喉に詰まってしまったときには、呼吸が出来ない状態になり窒息で死に至ることがあります。こうした場合には速やかに異物を除去しなくてはなりません。

@傷病者の意識がある場合
  まずは周りの人に119番通報をするように依頼しましょう。
  なお、傷病者が咳をすることが可能であれば、何度も咳をさせましょう。
 咳は異物の除去に最も効果的な方法です

○腹部突き上げ法
      傷病者を後ろから抱えるように腕を回し、一方の手で握り拳を作り、親指側を傷病者のへその上方で、みぞおちより下に当てる。
      その上をもう一方の手で握り、素早く手前上方に向かって圧迫するように突き上げます。

○背部叩打法
     ひざまづいて、傷病者を自分の方に向けて側臥位(横向き)にする。 
      手の付け根で肩甲骨の間を力強く何度も連続して叩く。
      傷病者が座位(座っている状態)や立位(立っている状態)ならそのまま行ってもよい。



A傷病者の意識がない場合
  傷病者の意識がない場合は、直ちに心肺蘇生を行いましょう。
  もし心肺蘇生を行っているときに、口から異物が見えたら取り除きましょう。


○よくある質問
 腹部突き上げ法と背部叩打法はどちらを行えばいいの? 直ちにできる方を行って下さい。もしどちらか一方を行って効果が無い場合は、もう一方を試みて下さい。
傷病者が動けなかったらどうすればいいの? 傷病者が横になっている、あるいは座っていて立ち上がれない場合は背部叩打法を行って下さい。 
どんな体型の人にも有効なの? 乳児、妊婦や高度な肥満体型の人には、背部叩打法を行って下さい。 
    いざというときのために、救命講習を受講しましょう。





休日当番医はこちら


金沢市消防局

〒921-8042
石川県金沢市泉本町7-9-2

TEL 076-280-0119
FAX 076-280-4999
mail:
info@syoubou.city.kanazawa.lg.jp

 皆様からのご意見、ご感想はこちらまでお願いします。
 個別には回答しかねますが、今後の参考とさせていただきます。