本文へスキップ
応急手当について 〜心肺蘇生〜 救急 消太くん 
 突然の心停止やこれに近い状態になった傷病者に対し、胸骨圧迫と人工呼吸を行うことを心肺蘇生といいます。勇気を持って心肺蘇生を行うことで傷病者の命を救うだけでなく、一命をとりとめた傷病者の予後を良くすることにもつながります。

    周囲の安全を確認  @安全の確認
 倒れている傷病者に近づく前に、周囲を見渡してその場所が安全か確認しましょう。車通りの多い道路や土砂災害現場などではあなたの安全を優先しましょう。
    肩をたたき意識状態を確認 A反応の確認
 傷病者の耳元で「大丈夫ですか?」など声をかけながら肩を叩いて、その人の反応(意識の有無)を確認して下さい。
    周囲へ協力を求める  B助けを呼ぶ
 反応がない場合は、協力者として周囲の人を呼びましょう。来てくれた人には「119番通報」と「AEDの手配」を依頼しましょう。
※具体的にどの人かを指定して「あなたは119番通報をして下さい」「あなたはAEDを持ってきて下さい」と言って確実に依頼してください。
    呼吸の有無を確認  C呼吸の確認
 10秒以内で、傷病者が普段どおりの呼吸をしているか確認します。(傷病者の胸や腹部の上がり下がりを見て確認しましょう)

※普段通りの呼吸をしている場合は、様子を見ながら救急車の到着を待ちましょう。
    胸を中心を圧迫します  D胸骨圧迫
 普段通りの呼吸をしていない場合は、胸骨圧迫を行います。傷病者の胸の真ん中にある胸骨の下半分を手の付け根で垂直に圧迫します。
 「強く」 〜 傷病者の胸が5cm沈むまで
 「早く」 〜 100〜120回/分のリズムで
 「絶え間なく」 〜 30回続ける
 
 胸骨圧迫のポイントはこちら
    人工呼吸を実施  E人工呼吸
 30回の胸骨圧迫後に直ちに2回の人工呼吸を行います。以後、胸骨圧迫と人工呼吸を交互に繰り返し行います。
(1)気道確保
 片手を額にあて、もう一方の手の人差し指と中指で顎先を上げると、頭が後ろにのけぞり、気道が確保されます。
(2)人工呼吸
 気道を確保したまま傷病者の鼻をつまみ、口にハンカチなどを当てて、自分の口を大きく開けて傷病者の口を覆い、1秒かけて息を吹き込む。その後、一度口を離して再度息を吹き込む。
    AED ※AEDの使用
 AEDが到着したら、すぐにAEDを使う準備を始めます。その間も可能な限り絶え間なく、胸骨圧迫と人工呼吸を続けましょう。
 電気ショックの実施後又はショック不要のメッセージが流れた後は、直ちに胸骨圧迫を再開しましょう。

 AEDの使い方はこちら

○よくある質問消太くん
 人工呼吸は必ず行わなくてはならないの?  傷病者に出血があったり、知らない人に対して口対口の人工呼吸をためらう場合は、人工呼吸を省略しても構いません。しかし胸骨圧迫は必ず継続しましょう。
 「普段どおりの呼吸」とは?  胸や腹部が上がり下がりしている状態が正常です。約10秒間で確認しても正常か分からない場合は「普段通りの呼吸なし」と判断しましょう。
 また心停止が起こった直後は、しゃくりあげるような途切れ途切れに起きる呼吸が見られますが、これは「死戦期呼吸」といい普段通りの呼吸ではありません
 助けを求めても、周りに誰もいなかったらどうすればいいの?  まずは119番通報をして救急車を呼びましょう。その後で上の順序に沿って、心肺蘇生を行って下さい。 
 自分が正しく心肺蘇生ができるか不安。上手く出来なかったらどうなるの?  善意で実施した応急手当については、重大な過失がなければ原則として、その結果の責任を、法的に問われることはないと考えられています。(「民法第698条 緊急事務管理」及び「刑法第37条 緊急避難行為」)
 いざというときは勇気を持って、心肺蘇生を行って下さい。 

       いざというときのために、救命講習を受講しましょう。






休日当番医はこちら


金沢市消防局

〒921-8042
石川県金沢市泉本町7-9-2

TEL 076-280-0119
FAX 076-280-4999
mail:
info@syoubou.city.kanazawa.lg.jp

 皆様からのご意見、ご感想はこちらまでお願いします。
 個別には回答しかねますが、今後の参考とさせていただきます。